ピンボール 通勤金太郎

商船三井グループのサステナブルアクション BLUEACTIONMOL 海の惑星とともに、次へ。

STATEMENT 海の惑星とともに、
次へ。
READ MORE

海は、地球の表面の71.1%を占める。
世界中の国々が海でつながり、
海運をはじめとする経済活動は
⼈類の発展を支える基盤となってきた。

海とは、この地球の可能性そのものだ。

私たちが生きるこの星は、
「海の惑星」なのだと思う。

海からの視点を持てば、
そこにはまったく違う未来が広がる。

つねに海とともに進んできた私たちは、
そのポテンシャルを誰よりも知っている。

⼈類が共有するこの大きな価値を引き出して
持続的な成長をつくりだしていくことこそ、
商船三井グループの使命だ。

いまこそ私たちは、
自らの枠を超えてアクションを起こす。

海運を基盤としながら、
そこで得た知見を生かして、
海を起点とした社会インフラ企業へと
フィールドを拡張していく。

チャンスがあるなら、すべてに挑もう。
ここから、新しい希望をつくろう。

海の惑星とともに、次へ。


* 地球表面における海の割合71.1%は、国立天文台編纂『理科年表2022』を参照しています。


STATEMENT 海の惑星とともに、
次へ。
READ MORE

海は、地球の表面の71.1%を占める。
世界中の国々が海でつながり、
海運をはじめとする経済活動は
⼈類の発展を支える基盤となってきた。

海とは、この地球の可能性そのものだ。

私たちが生きるこの星は、
「海の惑星」なのだと思う。

海からの視点を持てば、
そこにはまったく違う未来が広がる。

つねに海とともに進んできた私たちは、
そのポテンシャルを誰よりも知っている。

⼈類が共有するこの大きな価値を引き出して
持続的な成長をつくりだしていくことこそ、
商船三井グループの使命だ。

いまこそ私たちは、
自らの枠を超えてアクションを起こす。

海運を基盤としながら、
そこで得た知見を生かして、
海を起点とした社会インフラ企業へと
フィールドを拡張していく。

チャンスがあるなら、すべてに挑もう。
ここから、新しい希望をつくろう。

海の惑星とともに、次へ。


* 地球表面における海の割合71.1%は、国立天文台編纂『理科年表2022』を参照しています。

海は、地球の表面の71.1%を占める。
世界中の国々が海でつながり、
海運をはじめとする経済活動は
⼈類の発展を支える基盤となってきた。
海とは、この地球の可能性そのものだ。
私たちが生きるこの星は、
「海の惑星」なのだと思う。
海からの視点を持てば、
そこにはまったく違う未来が広がる。
つねに海とともに進んできた私たちは、
そのポテンシャルを誰よりも知っている。
⼈類が共有するこの大きな価値を引き出して
持続的な成長をつくりだしていくことこそ、
商船三井グループの使命だ。
いまこそ私たちは、
自らの枠を超えてアクションを起こす。
海運を基盤としながら、
そこで得た知見を生かして、
海を起点とした社会インフラ企業へと
フィールドを拡張していく。
チャンスがあるなら、すべてに挑もう。
ここから、新しい希望をつくろう。


* 地球表面における海の割合71.1%は、国立天文台編纂『理科年表2022』を参照しています。